高血圧と塩分

高血圧予防の為にも塩分は控えましょうとは、よく言われることです。
塩分を控えるためには、食生活も注意する必要があります。

とくに今日、ファーストフードやカップラーメンなど
塩分の多い食料品があふれています。

高血圧予防のためには日本の和食が良いと言われています。
脂肪分を取りすぎず、食物繊維やミネラルを多く取る食生活が良いとされます。

高血圧にならないためには、具体的に、
1日の塩分摂取量は6g以下に抑えること、
ラーメンやうどんのスープは飲まずに残す、
味噌や醤油などの塩分を多く含む調味料を避ける、
代わりに香辛料や酢を使うのも良いでしょう。

などの注意点があります。
高血圧予防には、要するに塩分の入った食料は極力取らないようにすることと言うことです。

食事の改善は、毎日の生活の中で行えるので、
高血圧予防のために手軽に行える方法と言えるでしょう。