高血圧になりやすい生活習慣

高血圧も生活習慣によって引き起こされる場合があります。
一般に肥満の人は高血圧になりやすいと言われます。

肥満の人は、血液循環が増え、
心臓から血液を送り出す際に大きな圧力が必要となります。
また食事量も肥満でない人と比べると多くなり、
そのために食塩摂取量も多くなる傾向にあります。

このように肥満は身体の要因によって高血圧になりやすく、
肥満の人が減量すると血圧が下がったという例も多いです。

塩分の過度の摂取も高血圧の原因になりますので、
控えた方がよいでしょう。

また、喫煙や飲酒も高血圧を引き起こしやすくなります。
過度の飲酒は血圧を上げます。

タバコを吸った場合は、
ニコチンが副腎を刺激して、血圧を上げるホルモンを分泌し、
交感神経も興奮させ、血圧を上げます。

このように高血圧になりやすいケースはいくつかありますが、
生活習慣を改善しただけでも、高血圧を治すことも可能です。

生活習慣の改善は、高血圧の改善だけでなく、
それに付随する病気の改善にも有効です。