高血圧の合併症

高血圧のまま放置しておくと、
頭部から脚までいろいろな合併症を引き起こす原因になってしまいます。

脳の血管に負担がかかれば、くも膜下出血や脳梗塞になるおそれがあります。
脳梗塞は動脈硬化が進んだ血管の血流が悪くなり、
酸素と栄養が行き渡らないために起こる病気です。
大動脈で発症すると死に至る場合もあります。

心臓で誘発する場合は、血流が途絶える狭心症や血管が詰まって発症する
心筋梗塞になる場合もあります。
やはり心臓で発生するこれらの病気も死に直結する場合が多いです。

肝臓で発症すれば腎硬化症という血液をろ過する機能が低下したんぱく尿が出る症状や、
肝機能が低下する肝不全になる場合もあります。

大動脈が硬化するとコブ状の大動脈癌を発生させます。

脚の血管が硬化すると一定期間歩くと脚が痛くなる
間欠性跛行という病気になる場合があります。

大事にいたらないためにも、血圧のコントロールと
合併症の予防や早期発見、治療を心がけるようにしましょう。