高血圧の症状

高血圧とは文字通り血圧が高い状態です。
そのために血管には圧力がかかり負担がかかります。

高血圧になると、特に自覚症状は出ない場合が多くあります。
健康診断などで初めて発覚するケースも多いです。

自覚できる症状として、
頭痛、めまい、息切れ、動悸などの症状が出る場合もあります。
しかし、このような症状は高血圧によるものなのか、そうでないのか
見分けがつかない場合が多いです。

高血圧をそのままにしておくと、他の症状の引き金になってしまいます。
具体的には脳卒中や動脈硬化です。
また糖尿病などの合併症も引き起こしやすいです。

動脈硬化や脳卒中は死に直結する場合もあるので、
放置するのは大変危険です。

高血圧は症状が重くなればなるほど、心疾患や脳血管疾患への危険が高まります。
もしも思い当たる節がある場合は、早めに医者に診てもらい、対処した方がよいでしょう。