高血圧の原因

高血圧の原因として、
遺伝と環境があります。
遺伝が原因の高血圧はそのメカニズムがすべて解明されたわけではありませんが、
両親が共に高血圧の場合は60%ほど、片方の親が高血圧の場合は30%の割合で
子供も高血圧になるようです。

その一方で、環境要因の高血圧、
生活習慣や、食べ過ぎ、偏った食事、運動不足、飲酒など、
自分の行為によって引き起こす場合があります。

よく言われる、塩分の取りすぎによる高血圧というのは、
塩分を取りすぎると血液中の塩分濃度が高まらないように、水分で薄めようとします、
そのため、血液量が増え血圧が上昇して高血圧になります。

肥満や偏った食事による高血圧は、
肥満の人は一般の人よりも心拍量が多く、血液を勢いよく流そうとします、
また、食事によって動脈硬化になると、血液の流れが悪くなるので、
さらに血流を多くしようとして、高血圧になります。
さらに血管も圧迫されるので、身体にも良くありません。

高血圧になる原因は、
血管伸縮、血流が悪くなる、心拍量が多くなるなど、
心臓と血管に起因しているものが多いのです。

環境に起因する高血圧は、
生活習慣の改善で治せる場合が多いです。

原因が分からない場合はまずはお医者様に見てもらうべきでしょう。