高血圧を予防する

高血圧にならないように高血圧を予防したいものです。
高血圧を予防するには、食事の面と運動面で予防する方法があります。
また、大事なのは太らないことがポイントです。

肥満は血圧を上昇させるだけではなく、
糖尿病や高脂血症、心筋梗塞などの病気も引き起こすおそれもあります。
肥満になると心臓にも負担がかかります。

高血圧でなくても肥満の場合は体重を減らす努力が必要でしょう。

また、食事や運動で高血圧を予防する場合は、
塩分を取りすぎないようにする、運動をするなどがあります。

食事をするときは、調味料などは直接かけずに、
皿に移した調味料に揚げ物などを付けて食べれば、調味料の取りすぎを防げます。

ミネラルも血圧を下げるのに有効です。
海草類や大豆製品などを食べると良いでしょう。

運動をする場合は、無理をせずに行い、
運動前にはストレッチや準備体操で身体を慣らしておきましょう。
突然運動して倒れてしまっては意味がありません。

運動することにより、血液の循環が良くなり、
血液が流れるのを筋肉の伸縮が助けます。
そして、血管の弾力性がつき血圧を下げる効果があります
運動は有酸素運動とよばれるウォーキングやサイクリングが有効で、
1日30分ほど行うのが良いです。

高血圧予防には無理なく続けていくのが大切です。