薬で改善する

高血圧になってしまった場合は、薬で治していくという方法があります。

高血圧の治療薬としては降圧薬と言われているものがあります。
その名の通り血圧を下げる作用があります。

種類としてはカルシウム拮抗薬、利尿薬、交感神経抑制薬、ACE阻害薬などがあります。
利尿薬は血液の水分を尿として排出する作用、カルシウム拮抗薬は筋肉にカルシウムが
取り込まれるのを防ぎ、血管を拡張させて血圧を下げる作用など、
薬による作用は様々です。

薬を使用する場合は、患者の目標血圧値が設定され、それに近づくように服用します。

薬を服用する場合は、やはり生活改善なども同時に行う必要が出てきます。
また、薬による副作用も発生します。
薬による療法を行う場合は、医師の診断に従い、薬による治療を行いましょう。

また、薬によっていったん血圧値が正常に戻ったとしても油断は禁物です。
再び高血圧にならないように生活面を気をつけるようにしましょう。

高血圧は自覚症状が無いので、
血圧計で日頃の血圧値を把握しておくのもよいかもしれません。